『ゆるキャン△』の”なでしこ”が美味しそうにご飯を食べる姿を見て見習おうと思った話

『ゆるキャン△』

女子高生のゆるい日常を面白可笑しく描いた漫画(アニメ)であり、キャンプの魅力を描いた漫画でもあるこのゆるキャンという物語には『各務原 なでしこ』とい女子高生が登場します。

この『なでしこ』という女の子、すごく個性的で可愛い。

ほかにも『志摩 リン』『大垣 千明』『犬山 あおい』という魅力的な人物が登場するが、僕的には『なでしこ』が一番魅力的に感じました。

天真爛漫で無邪気で好奇心旺盛。小学生の明るい女の子がそのまま高校生になったような女の子です。

そんな魅力たっぷりのなでしこの魅力の中でも特に魅力的と感じる部分があります。それは食べることです。

なでしこは美味しそうにご飯を食べるんです。カップラーメンでもお鍋でもお饅頭でもとにかく美味しに食べるんです。幸せそうな表情で食べるんです。料理を作った人が嬉しくなるような食べ方をするんです。

なでしこが美味しそうにカップ麺を食べるシーン(アニメ・ゆるキャン・第一話より)

この美味しそうに食べるところがなでしこのもっとも魅力的な部分だと個人的に思いました。

『ああ、ご飯を美味しそうに食べられる人は素敵だな』

アニメの世界で彼女が美味しそうに食べるシーンを見ているうちに僕はそう思うようになりました。

自分もご飯が美味しそうに食べられるようになりたいなと思いました。見ている周りの人たちのことに『この人は美味しそうにご飯を食べる人だな』と思ってもらえるような食べ方ができるようになりたいなと思いました。

(僕はアニメや映画の影響を受けやすいんですw。ターミネーターを見たときは「I’LL be back」と言っていたし、金田一少年の事件簿読んだときは「ジッチャンの名にかけて」と言ってたし、名探偵コナン見てたときは「真実はいつもひとつ」と言ってたし、北島康介が金メダルとったときは「超気持ちいい」って言ってたし・・・僕、影響本当に受けやすいんです)

僕は感情を表に出して生きることが苦手です。僕は感情を表に出さないで生きることに慣れてしまっているからです。

僕には感情豊かに生きることよりクールに生きるほうがカッコイイと中二病的生き方をしていた時期があります。その時期があまりに長かったため、感情を表に出さないで生きることに慣れてしまったんです。

だから感情を表に出して生きることは苦手なんです。

でも、僕はどうしてもなでしこのように美味しそうに食べられるようになりたかった。少しでもなでしこに近づきたかった。

それくらいなでしこの食べ方は僕の心を揺り動かしたのです。

かつてブルースリーが僕の心を激しく揺り動かしたようになでしこも僕の心を激しく揺り動かしたのです。

だから僕はどうすれば感情豊かにご飯を食べられるかを考えました。そして考え付きました。

『腹ペコ状態でご飯を食べれば感情豊かに食べられるのではないか?』

と僕は考えたのです。

空腹こそ最高のスパイスという言葉があります。僕自身空腹のときにご飯を食べて、その言葉の意味を実感したことがあります。

だから僕は腹ペコ状態でご飯を食べてみようと思いました。

まる一日、ご飯を食べないでご飯を食べてみました。食べたご飯は僕が大好きなカレー。

空腹の絶頂だった僕は食べた瞬間、心から美味いと思いました。同時に「美味い」と声が出ました。

そのとき、机の上には鏡が置いてありました。自分が食べているときにどんな表情をしているか確かめるために容易しておいたんです。

食べたあと、美味しいと感じている僕の表情を鏡に映しました。そこには少しだけ幸せそうな表情の僕がいました。いつもは無表情な僕の顔。その顔に笑顔のような表情が浮かんでいたのです。

ああ、僕もちゃんとこういう人間らしい表情で食べることができるだと思いました。

いつもはこんな無表情で食べてる僕でもこんな幸せそうに食べることができるんだと思いました。

そのときの僕の表情となでしこの食べてるときの表情とではまだまだ大きな差がありました。

それでも自分にも感情を表に出して食べることができたことは嬉しかった。クララが立ったときのようなぎこちない表情だったけど嬉しかった。

嬉しかったのでこれからも食べるとき感情を表に出せるよう頑張ろうと思いました。

そしてなでしこのようにすべての人を幸せな気分にする食べ方はできないだろうけど、数人の人たちのことを幸せな気分にする食べ方ができるようにはなりたいと思いました。

あっ、でも、もう腹ペコ状態で美味しそうに食べることはやめようと思います。

腹ペコは辛すぎる。なにもやる気が起きなくなってしまう。

だから腹ペコを利用しなくても美味しそうに食べる方法を模索して実践していきたいと思います。

どこかのファミレスで変な表情でご飯を食べている人がいたら、それは僕かもしれません。気軽に話しかけてくださいね。

みなさんもなでしこのように自分も人も幸せにできるような食べ方をしてみたいと思いませんか?もし、思ったらさっそく今日から初めてみてください。

僕のようにペコで食べてみてください。きっと素敵な表情で食べることができると思いますよ。

美味しく食べることができれば周りの人も幸せにできる。元気があれば何でもできるように美味しく食べれば周りを幸せにできる。

その快感を味わうためにも美味しく食べられるようになりましょう。僕といっしょに。

2018年3月5日承認欲求

Posted by ringo