仕事が長続きしない人の特徴 夢見がちな人や依存心の強い人は辞めるリスクが高い!

仕事が長続きしない人の特徴

夢見がちな人や理想の高い人

夢や理想は美化されやすいものです。ですが、現実は醜さ・汚さ・退屈さ・下らなさなどが溢れています。

仕事も同様です。夢や理想の中の仕事は美化されやすいものです。でも、現実の仕事は醜さ・汚さ・退屈さ・下らなさなどが溢れています。

夢見がちな人や理想が高い人の中には、そのギャップに耐え切れなくなって仕事をやめてしまう人がいます。

『この仕事は私のやりたい仕事ではない』

『この仕事は私に適していない』

『この仕事は私の好みではない』

夢見がちな人や理想が高い人の中には、そう思って仕事をやめてしまう人がいます。

『もっと私にふさわしい仕事があるはずだ』

『もっとやりがいのある仕事があるはずだ』

『もっと楽しい仕事があるはずだ』

夢見がちな人や理想が高い人の中には、そう思って仕事をやめてしまう人がいます。

でも、そんな自分の理想に合致した仕事は見つからない。そのため転職を繰り返してしまう。

夢見がちな人や理想が高い人の中にはそういう人がいます。

夢や理想が美しければ美しいほどに現実とのギャップが酷くなります。その酷さに耐え切れなくなって今の仕事をやめ、自分の夢や理想にマッチした仕事を求めて転職してしまいます。でも次の仕事でも失望して仕事をやめてしまいます。次の仕事でも失望してやめてしまいます。

理想が高い人や夢見がちな人の中にはそんな悪循環に陥ってしまう人がいます。

理想や夢が美しすぎるために仕事が長く続かないのです。

理想や夢を追い続けることは良いことですが、そればかり求め続けると仕事が長続きしないとか人間関係がうまくいかないとか世の中に絶望するとか何をしてもつまらないとか深い孤独感を感じてしまうとかペシミスティックなことしか考えられないなどの問題に悩まされるリスクが高くなります。

だから理想や夢に固執しすぎるのはリスクがあることを自覚する必要があります。

でも理想や夢に固執する人の中にはそのリスクを無視したり、見えていない人がいます。そういう人が転職を繰り返してでも、その夢や理想を実現しようとしてしまいます。

夢や理想を持つことは大事なこと。でも、それに固執し過ぎるとリスクが大きくなる。

それを憶えておいたほうがいいです。

リスクを考えることも社会人には必要なことです。状況によっては理想や夢を考えるよりも大事なことです。

リスクを考える力も必要と憶えておいたほうがいいです。

人付き合いが苦手(コミュ障)

『何を話したらよいかわからない』『変なことを言って笑われたらどうしよう』『いじめられたらどうしよう』『つまらない会話なんてしたくない』『1人のほうが気楽』

と思っている人は仕事をやめてしまう率が高い。

社会に出れば、人付き合いは必須です。当然、会話も必須です。

その必須のことが苦手な人が、仕事をやめてしまう率が高いのは当然のことです。

人付き合いのスキルや会話スキルの低い人は仕事だけでなく、職場の人間関係でもストレスを溜めてしまいます。社会が苦手なことを強制してくるのですからそのストレスの強さは尋常じゃないです。

そんな尋常ではない強さのストレスをコミュ障は毎日のように体験するんです。

そういうストレスを感じてしまう人が仕事をやめてしまう率が高いのは当然のことです。

そういう人がコミュ障を克服するために無理するとうつ病やノイローゼになったりするリスクが高まります。うつ病やノイローゼになればますます仕事をやめてしまう率は高くなります。

このようにコミュ障の人はとても仕事をやめてしまう率が高いのです。

実際、多くのコミュ障の人が人間関係に疲れて仕事をやめています。うつ病になったり、ノイローゼになったり、自信喪失したりして仕事をやめています。

コミュ障の人にもっとも必要な能力は焦らないことだと思います。焦らずに少しずつコミュニケーション能力を高めていく。それがもっとも大事だと思います。

苦手なものを克服するのには時間がかかります。それなのに必要な能力だからといって焦って高めようとすればストレスが溜まりやすくなったり、能率が悪くなったり、失敗率が高くなったりしてしまいます。

そうならないためにも焦らずじっくり取り組む。

これがもっとも大事なことだと思います。

焦りは禁物。

コミュ障を克服したい人はこの言葉を忘れないでほしいです。

僕自身、社会に出たとき、自分のコミュニケーション能力の低さに劣等感を感じ、焦ってコミュ力を高めようとしました。その結果、うつ病になって仕事をやめてしまいました。

焦りは身を滅ぼすリスクがある。

経験からそれを学びました。

みなさんも身を滅ぼしたくなかったら焦らないほうがいいです。

劣等感を感じやすい人

世の中には劣等感を感じやすい人がいます。

『あの人より僕は容姿が悪い』

『あの人より僕は仕事は遅い』

『あの人より僕は話すのが下手だ』

などと他人と自分を比較して劣等感を感じることが多い人がいます。

毎日のように他人と自分を比較して、毎日のように劣等感を感じることが多い人がいます。

そういう劣等感を感じやすい人が世の中にはたくさんいます。

そういう人は仕事をやめてしまう率が高いです。

社会は競争社会です。毎日のように競争を強制されます。劣等感を感じやすい人は競争の数だけ劣等感を感じるリスクがあります。

劣等感の強い人はそのリスクを経験的にわかっています。

そのリスクはプレッシャーとなり、心の負担となります。劣等感の強い人はそんな精神的負担を毎日にように感じています。

そんな負担を感じていれば仕事をやめる可能性が高くなります。

劣等感は他人に勝ちたい・負けたくないという気持ちがあるから生じるものです。つまり、勝ちたい・負けたくないという気持ちがなければ劣等感は生じないということです。

でも勝ちたい・負けたくないという気持ちをゼロにすることは困難です。

でも勝ちたい・負けたくないという気持ちを弱めることはできます。

どうすれば弱めることができるか?

過去の自分と今の自分を比較(競争)すればいいんです。他人とではなく、過去の自分と比較する。

自分と比較する時間を作れば、他人と比較する時間が減ります。減れば、劣等感を抱くリスクが低くなります。

さらに自分と比較するほうが他人と比較(競争)をするよりは負ける確率は低くなります。努力していれば昨日の自分より成長できる確率が高くなるからです。成長できる確率が高ければ負ける確率が低くなるからです。負ける確率が低くなれば精神的に楽になります。

以上のような理由で自分と比較する方法はお勧めです。

他人に勝つより昨日の自分に勝つほうが大事な場合ってあると思うんです。そのほうが得るものが多い場合があると思うんです。

今の自分と過去の自分を比較すれば、きっと自分の成長した部分を見つけることができると思います。自分は確かに成長していると確信することができると思います。

その発見と確信はきっと自分に自信とやる気を与えてくれると思います。

でも他人との比較ばかりに意識が支配されてしまうと過去の自分と今の自分を比較する余裕がなくなってしまうと思うんです。そうなると上記で述べたような発見や核心を得ることができなくなり、自信ややる気も得ることができなくなると思うんです。

それはとてももったえないことだと思うんです。

だから他者との比較ばかりに意識を集中するのではなく、過去の自分との比較にも意識を使ってほしいと思うんです。

自分の成長を実感するために。そしてやる気や自信を得るために。

そういう生き方のほうが楽しいと思いませんか?

依存心が強い人

他者への依存心が強い人は他人への要望が多くなります。

『挨拶したときにはきちんと挨拶を返してほしい』

『わからないことはすぐに教えてほしい』

『嫌いな人は話しかけてこないでほしい』

『好きな仕事だけやらせてほしい』

などの要望が多くなります。

社会はそんな要望にほとんど応えてはくれません。社会で働いている人たちは依存心の強い人の要望にすべて応えられるような時間も能力も義務もないからです。

でも、依存心の強い人は○○してほしいと望んでしまいます。要望を抱いてしまいます。その要望のほとんどは口に出すこともできず心の中に持ち続けます。でもその要望が応えてくれる人はほとんどいません。わかってくれる人もほとんどいません。そのため不満が溜まる。溜まり続けてしまいます。

以上の理由で依存心の強い人は仕事をやめてしまうリスクが高いんです。

どのような人が依存心が強くなるのか?

愛情に飢えている人、わがままな人、承認欲求が強い人などは依存心が強くなります。

愛情に飢えている人は他人に愛情ある言動を望みます。わがままな人は他人に自由を与えてくれることを望みます。承認欲求が強い人は他人に評価してくれることを望みます。

そういう望みがあるため依存性が強くなってしまうんです。

一般社会では愛情より厳しさを優先されることが多いです。自由より義務を優先されることが多いです。評価より批判されることが多いです。

そのため愛情に飢えている人やわがままな人や承認欲求の強い人の依存心を満たされる可能性は低いんです。満たされる可能性が低いから不満を貯める可能性が高くなってしまうんです。不満を貯める可能性が高いから仕事をやめる可能性が高くなってしまうんです。

依存心が強い→社会では依存心を満足させるのは難しい→ほとんどの人が自分の望みを叶えてくれない→不満を感じる→毎日のように不満を感じる→不満が溜まっていく→仕事をやめたい気持ちが強くなっていく

という経緯で仕事をやめる可能性が高くなっていくんです。

完璧主義者

完璧主義者はストレスを感じやすいです。

何事も完璧でないと満足できないからです。何事も100点でないと満足できないからです。何事も0~99点では満足できないからです。

つまり完璧主義者の人は99点でも不満を感じるということです。

99点でも不満を感じる人がストレスを感じやすいのは当然のことです。

ストレスを感じやすいということはそれだけ仕事を辞めるリスクが高くなるということです。

何事も100点を目指すのは不可能です。

自分のやっていることが本当に100点を目指さなければならないことなのかを一度考えてみましょう。

100点を目指す必要のないことに対し、100点を目指すのは時間と労力の無駄です。

例えば70点で合格の資格試験があるとします。

70点を目指す勉強と100点を目指す勉強。どちらのほうが時間と労力を使うかわかりますよね。

時間と労力を無駄にしないためにも100点ばかり目指す努力をするのはやめたほうがいいです。

Posted by