目がピクピクする7つの理由 まぶたの痙攣(けいれん)改善予防法を紹介

まぶたがぴくぴくしている。

会話をしているときもぴくぴく。

仕事中もぴくぴく。

トイレにいるときもぴくぴく。

1日中ぴくぴく。

ぴくぴく。ぴくぴく。ぴくぴく。

そのぴくぴくが気になって落ち着かない。

今回はそんなまぶたのぴくぴくが気になる方のために記事を書いてみました。

スポンサーリンク

まぶたがぴくぴくする理由

理由1、栄養不足

栄養不足は人体にさまざまな問題を惹き起こします。

・疲れやすくなる
・イライラしやすくなる
・頭がぼうっとする
・キレやすくなる
・記憶力低下
・思考力低下
・理性の低下
・意欲の低下
・運動能力の低下

など栄養不足はさまざまな問題を惹き起こします。その問題の中にまぶたのピクピクも含まれています。

世の中には美味しいものが溢れています。ストレスも溢れています。そのため美味しいものを食べてストレスを解消するという人も増えています。

美味しいものばかり食べていると栄養不足になるリスクが高まります。美味しいものばかりを食べていると栄養が偏ってしまうリスクが高くなるからです。

目の前にケーキと野菜があります。ストレスが溜まっているとき、あなたならどちらを食べますか?

ほとんどの人がケーキを食べると思います。

目の前に焼肉と野菜があります。ストレスが溜まっているとき、あなたならどちらを食べますか?

ほとんどの人が焼肉を食べると思います。

このように人には美味しいものを優先的に食べてしまう性質があるんです。

そういう性質があるため栄養が偏り、栄養不足に陥るリスクが高いんです。

現代人はこの性質のために栄養不足に陥り、人体にさまざまな問題を惹き起こしている人がたくさんいます。そういう人の中にまぶたがピクピクに苛まれている人もいます。

まぶたピクピクしている人は一度自分の食生活を見直してみてください。

(注!まぶたピクピクの人すべてが栄養不足が原因というわけではありません)

○関連記事
「無性に●●が食べたい!」 そう思うのは新型栄養失調が原因かもしれない!

理由2、ストレス

ストレスは”万病のもと”と言われています。つまり、あらゆる病気の原因になる可能性があるということです。まぶたピクピクもそのひとつです。

現代社会はストレス社会と呼ばれています。仕事、人間関係、学業、ノルマ、責任、結婚、離婚、孤独、いじめ、セクハラ。

社会にはストレスの原因となるものが溢れています。

そんな社会のせいでストレスを感じ、肉体的精神的に問題を惹き起こしている人がたくさんいます。その中には、もちろん、まぶたピクピクになっている人もいます。

理由3、睡眠不足

睡眠不足になるとストレスを感じやすくなります。ストレスを感じやすくなればストレスが溜まりやすくなります。

ストレスが溜まれば、体調不良や病気になりやすくなります。まぶたぴくぴくになるリスクも高まります。

さらに睡眠不足になると免疫力が低下すると言われています。睡眠不足によって免疫力が低下すれば、病気になりやすくなります。

・睡眠不足になるとストレスを感じやすくなり、病気になりやすくなる。

・睡眠不足になると免疫力が低下し、病気になりやすくなる。

睡眠不足には病気になりやすくなる理由が2つもあるんです。

それくらい睡眠不足は身体に悪いんです。悪いからまぶたぴくぴくになる場合もあるんです。

○関連記事
睡眠不足の7つのデメリット

理由4、眼精疲労

眼精疲労がまぶたぴくぴくの原因となる場合があります。

スマホやパソコンやゲームが普及したため、眼精疲労になる人が増えています。

その眼精疲労がまぶたぴくぴくを惹き起こしている場合があります。

スマホやゲームの中毒性がまぶたぴくぴくを悪化させる

まぶたぴくぴくしながらもスマホやゲームをやめられない人がいます。

スマホやゲームには中毒性がある。だからやめられないんです。

中毒性があるせいでまぶたぴくぴくさせながら何時間も小さな液晶画面を見続けてしまう人がいます。そして症状を悪化させてしまう人がいます。

ゲームやスマホ中毒になれば、ドライアイ・視力低下などの症状が表れる場合もあります。

○関連記事
スマホ依存症の恐怖

理由5、病気

なんらかの病気に罹った場合もまぶたがぴくぴくすることがあります。

たとえば『眼瞼けいれん』という病気。

この病気になると両眼のまばたきが増えたり、まぶたが思うように開けられない状態になります。眩しさに対する抵抗力も弱くなります。

治りにくい病気で、40~50歳以上に多く、男性より女性のほうが罹りやすいという特徴がある病気でもあります。

この病気の原因は解明されていません。一説には、脳の深部(大脳基底核)の神経回路の異常と言われています。

このようにまぶたのぴくぴくの原因が病気の場合もあります。

まぶたのぴくぴくに悩まされている人は一度病院で診てもらうことをオススメします。

○参考
日本眼科学会・眼瞼けいれんと顔面けいれん

理由6、カフェインの摂り過ぎ(仮説です)

「カフェインには、心拍数と代謝を上げる作用があり、筋肉を興奮させるので目がピクピクすることもある」と主張するイエチェスケル医師。

「これは、目の筋肉が他の筋肉に比べて、カフェインの作用を受けやすいため」と主張するワチェラー医師。

この医師二人の言葉は仮説です。確かな証拠がある説ではありません。

カフェインは摂取し過ぎるとカフェイン中毒になる場合があります。

日本中毒学会が、全国38の病院を対象に実態調査をしたところ、急性カフェイン中毒で救急搬送された患者が、5年間で101人いたことが分かりました。症状は吐き気や意識の低下、中には心肺停止状態で運ばれた人も。そのうち3人が亡くなっています。

引用:NHK クローズアップ現代

エナジードリンク、コーヒー、コーラーなど世の中にはカフェインが含まれている飲み物が溢れています。

そのせいでカフェイン中毒になる人が増えています。

カフェインには人を中毒にするほどの力があるんです。

もちろん、適量のカフェインを飲んでいるだけなら覚醒作用や気分高揚効果などのメリットを感じることができます。これは事実です。

でも、過剰にカフェインを飲むとカフェイン中毒や吐き気などのデメリットを感じるようになってしまうことも事実です。

カフェインにはデメリットがある。

これは確かな事実なんです。

この事実が、カフェインがまぶたのピクピクの原因になる、という説に信憑性を与えているように僕には思えます。

いずれにしてもこの説はまだ仮説段階なので真偽はわかりません。

でもカフェインには、デメリットがある以上、まぶたになんらかに悪影響を及ぼしている可能性を否定することはできません。

この仮説の真偽はわかりませんが、カフェインの過剰摂取は健康を害することはわかっています。

なのでカフェインの飲みすぎには注意しましょう。

理由7、花粉症

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。この25%の花粉症の人の中にもまぶたぴくぴくに悩まされている人がいます。

花粉症はアレルギー反応です。

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなどの花粉(アレルゲン)

この花粉のせいでアレルギー反応が起こり、鼻水が出たり、涙が出たり、まぶたがぴくぴくしたりするんです。

花粉症によるまぶたのぴくぴくを予防・改善するには、花粉症対策が必要です。

☆主な花粉対策

・外出するときは、マスクやメガネなどの装備する

・帰宅したときは、服を払ったり、うがいをしたり、シャワーを浴びたりしてアレルゲンを除去する

・点眼する。ビタミンを含んだ目薬、抗アレルギー・抗炎症機能を持つ目薬を点眼しましょう。

・部屋の掃除をきちんとし、アレルゲンを除去する

 

次に、まぶたが痙攣するときの食事。

カルシウムやマグネシウム・ビタミンB群などを摂ると、改善が期待できます。

 ●マグネシウムを多く含む食材
大豆、納豆、ひじき、わかめ、玄米、アーモンド、カシューナッツ

 

 ●カルシウムを多く含む食材
牛乳、わかさぎ、水菜、菜の花、モロヘイヤ、大豆製品、ひじき

 

 ●ビタミンB群を多く含む食材
牛レバー、鶏レバー、カキ、さんま、あさり、にしん、かつお、まぐろ、さんま、バナナ

 

以上の花粉対策を行っても、栄養を摂取しても、花粉症が改善しないときは、病院に行くことを推奨します。

スポンサーリンク

まぶたぴくぴくを改善・予防する方法

方法1、ストレスを溜めない

ストレスはまぶたピクピクの原因になる場合があるので溜めないようにする必要があります。

・夜更かし
・頑張り過ぎ
・悩みすぎ
・ネガティブ思考
・旺盛な競争心
・我慢しすぎ
・八方美人
・自虐的

などの習慣がある人はストレスを溜めやすいので注意が必要です。

そういう習慣がある人は生活習慣を変える必要があります。一気に変えようとすると失敗するリスクが高くなるので、少しずつ改善していきましょう。

人は日々の積み重ねによって変化していく生き物です。悪い習慣を続ければ悪いほうへ変化していってしまいます。逆に良い習慣を続ければ良いほうへ変化していくことができます。

たとえばネガティブ思考。これを毎日続ければ悪い考えばかりが頭に浮かぶようになってしまいます。悪い考えはストレスになります。

逆にポジティブ思考を毎日続ければ良い考えばかりが浮かぶようになります。良い考えは希望や期待になり、気分を高揚させてくれます。

良い習慣と悪い習慣、どちらのほうが良いかは明白ですね。

少しずつでもいいので良い習慣を身につけていきましょう。

そうすれば少しずつ良い方向へ変化していくことができます。そうなればストレスを軽減することができます。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの名言

この言葉はマザーテレサが残した言葉です。

言葉が行動になり、行動が習慣になり、習慣が性格になる。

これは正しいと僕は思っています。だから僕はこの言葉を座右の銘にしています。

悪い言葉は、悪い行動となり、悪い習慣となり、悪い性格になる。そう僕は思っているのでなるべく良い習慣を身につけることを心がけています。

良い習慣を身につけるのは、始めのうちは慣れていないので苦痛です。でも続けていればそれが普通になり、苦痛を感じなくなります。苦痛を感じなくなるだけでなく、良い習慣が身についたおかげでメリットを感じることが多くなります。

良い習慣は人に多くのメリットを感じさせてくれます。

なので良い習慣を身につけたほうがいいんです。

良い習慣を身につければまぶたピクピクも改善予防できる期待も高まります。睡眠不足だって改善予防できる期待が高まります。

方法2、栄養のあるものを食べる

栄養不足になると、肉体の回復力が低下したり、免疫力が低下するため、まぶたのぴくぴくになりやすくなります。

そうならないためにもきちんと栄養を摂取する必要があります。

自分で栄養について勉強して、栄養バランスの良い食事をできるようになりましょう。

コンビ二弁当やお菓子を毎日食べている人はその量を少しずつ減らしていきましょう。

食べることでストレスを解消している人は食べること以外でストレスを解消できるようになれるように少しずつ頑張ってみてください。

一気に頑張ろうとすると強いストレスを感じて、諦めてしまう率が高くなってしまうので少しずつ頑張ってみてください。

まぶたの痙攣のときに摂取すると良いと言われている食材

ビタミンB群を摂取すると良いと言われています。

 ○ビタミンB群を多く含む食材
牛レバー、鶏レバー、カキ、さんま、あさり、にしん、かつお、まぐろ、さんま、バナナ、菜の花、枝豆、納豆など。

 ○ビタミンB群不足になると生じる症状
疲れやすい、寝ても疲れがとれない、日中眠くなる、集中力が続かない、いらいらする、肩こりがなかなか治らない、口内炎・口角炎ができやすい、風邪を引きやすい、まぶたの痙攣など。

方法3、マッサージをする

☆目の痙攣を改善するマッサージ

ステップ1
親指と人差指で目頭の内側と鼻の間のくぼみを押す。そのままの状態で目を閉じ、眼球を上下左右に動かす。これを3回繰り返す。

ステップ2
両手の人差指と中指で目尻とモミアゲの間をゆっくり円を描くように10秒間マッサージする。

ステップ3
両手の親指を首と襟足の間にあるくぼみに当てる。残りの指は頭を包み込むように添えて10秒間押す。押しながら手を小刻みに揺らすとより効果的。これを3回繰り返す。

マッサージをするだけでなく、

・目をつぶる
・遠くの景色を見る
・ストレッチをする
・軽い運動をする
・仮眠をとる
・ガムを噛む

などの行為もオススメです。それらの行為によってストレスや疲労が解消されれば、まぶたの痙攣も解消される期待が高まるからです。

方法4、まぶたの痙攣に効果がある商品を使ってみる

毎日運動をした。栄養があるものも食べた。ストレス解消もした。マッサージもした。

それなのに目のぴくぴくが改善されない。

そういう方いると思います。

そういう方は病院に行くことを推奨します。病気が原因かもしれないからです。

「それはわかっている。でもそれは最終手段。できるかぎり自分の力で目の痙攣の改善する努力をしたいんだ」

という方がいると思います。

そういう方には、こちらの商品の使用をオススメしてます。

この『アイアクト』にはまぶたの痙攣を改善する効果があります。

アイアクト』には、

アルジルリン
シンエイク
プロジェリンカプセル

という有効成分が含まれています。

アルジルリン
「塗るボトックス」のアルジルリンは、塗るだけでボトックス注射とほぼ同様の作用を顔の表情筋に働きかけると言われています。 アルジルリンは、アミノ酸の一種。 神経伝達物質アセチルコリンの遊離を抑制する働きがあります。 その働きによって、筋肉の緊張・収縮が緩和します。

シンエイク
美容業界がシワ対策で、注目しているシンエイク。 アルジルリン同様の効果があり、シンエイクも「塗るボトックス」といわれています。 シンエイクは、の6倍の効果があるといわれています。

プロジェリン
プロジェリンは、2012年、世界最大の国際美容コンベンションである化粧品原料展示会「In Cosmetics」で金賞を受賞した最新型ペプチドです。老化現象を引き起こすタンパク質を抑制し、肌細胞を活性化させる働きがあります。

この3つの有効成分がまぶたの痙攣を改善してくれるんです。

この化粧品のクチコミをまとめると、

・目の痙攣を治すためのアイテムが今までなかったので嬉しい!
・アイアクトを使い始めて数日後に、目元がラクになってすっきり!
・アイアクトを使ってから瞼がピクピクしなくなった!
・目が痙攣しないから、すごく仕事がはかどる!
・アイアクトは塗りやすくて、使いやすい!ベトベトしない!
・外出先でも使えるから緊張する前に重ね塗りができる
・高成分で高級アイクリームを使っているみたい!
・アイアクトは敏感肌でも問題なく使えました!

『効果を実感した!』というレビューが多かったです。

もちろん、効果には個人差があるので、このレビュー通りの結果を得られない場合もあります。

でも、効果を感じた人が多いということは自分が使った場合も効果がある可能性が高いということです。

なので、『病院に頼る前にできることをやってみよう』と思っている人はこの化粧品を使ってみることを推奨します。

この『アイアクト』という化粧品は、公式サイトのみでの販売のようです。

通常価格8480円(税別)

でも、ある条件をクリアすると4980円で購入できます。

その条件とは、定期コースでの契約です。それと4回継続です。

定期コースでの契約+継続4回

この条件をクリアすると4980円で購入できます。2回目以降も4980円で購入できます。3回目も4回目も4980円で購入できます。

4回継続が終わるといつでも解約することができます。

定期コースでの契約+継続4回

この縛りは確かに面倒です。

でも、この定期コースで契約すれば常に3500円引きの4980円で購入することができます。

なので、継続して使ってみたいという方には断然、定期コースでの購入を推奨します。

お得だけど縛りのある公式サイトへはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
アイアクト

●安心の30日間返金保証付き

アイアクト』を使用して、かゆみやかぶれなどの肌トラブルが生じた場合、初回商品到着時より30日以内にサポートセンターに連絡すると返金してもらうことが可能です。

返金申請の際には、「明細書」「容器」「空き箱」が必要になりますので届いた際に、念のため、保管しておくことがおススメです。

2018年5月4日健康, 睡眠

Posted by ringo