【名言】『シェイクスピア』イングランドの偉大な劇作家・詩人の言葉

名前 :ウィリアム・シェイクスピア
誕生日:1564年4月26日(洗礼日)
死去日:1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日)

イングランドの劇作家、詩人
イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物

卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。

出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』、『マクベス』、『オセロ』、『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』、『ヴェニスの商人』、『夏の夜の夢』、『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。

2002年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。

スポンサーリンク

ウィリアム・シェイクスピアの名言集

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです

 

人間はとかく、我が手の内にある大事な物を、値打ち通りには認めぬもの、手を放れて初めてその価値に気づき、手元にあった時、自分のものであるが故に隠されていた美点が見えてくるのです

 

わが手にあるものは正当に値踏みをしないが、一度それを失うと価値をつけたくなるのが人情である

 

安心、それが人間の最も近くにいる敵である

 

恋はまことに影法師、いくら追っても逃げていく。こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げていく

 

根性の曲がった者には賢いことも善いことも曲がって見える。汚い者には汚いものしか口に合わない

 

空気のように軽いものでも、嫉妬する者には聖書の本文ほどの、手堅い証拠となる

 

人の傷を笑うのは、傷の痛みを感じたことのないやつだ

 

テンポがくずれ、音のバランスが狂うと、甘い音楽も不快なもの!人の暮らしもおなじなんだ

 

時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ

 

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える

 

頑固な人には、自ら招いた難儀がいちばんよい教師になるにきまってます

 

人殺しを許す慈悲は人殺しを育てるに等しい

 

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自分が火傷する

 

どのくらい、と言えるような愛は卑しい愛にすぎぬ

 

「今が最悪」と言える間は、最悪ではない

 

もっとよく、というあがきが、往々にして、すでによいことを台無しにしてしまう

 

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる

 

毎日が休日だったら、遊びも仕事と同じように退屈なものになるだろう

 

人の言葉は善意に取れ。その方が五倍も賢い

 

不幸を治す薬は希望よりほかにない

 

腐った百合の花は雑草よりも悪臭を放つ

 

人間の心というものは、活動がとまってしまうと、雑草が生えるものだ

 

小雨はいつまでも降り続くが、大嵐はあっという間だ。早く馬を走らせるものは、また早く馬を疲れさせもする

 

事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない

 

自分の内にいかなる音楽も持たず、甘美な音の調和に心を少しも動かされぬ人間こそ、謀反と謀略と略奪に適した人間だ

 

この世はすべて舞台だ。そして男も女もその役者に過ぎない

 

一度笑い飛ばした人生は、後で泣いて見せても取り返しはつかぬ

 

人は死ぬも生きるも自分の意のままにならない

 

人間というものは、不運になると、己が招いた災いだというのに、それを太陽や月や星のせいにしがちだ

 

火を消し尽くすのは別の火であり、苦痛を和らげるのは別の苦痛というわけだ。絶望的な悲しみには別の悲しみを持ってくることだ

 

恋は雨の後の太陽、肉欲は太陽の後の嵐

 

女は神と悪魔の共同製作品である

 

自分の中にある疑念は、裏切り者である。それは、試みることを恐れさせ、手にすることができたかもしれない勝利を取り逃がさせてしまう

 

何事にも、何故ないし何の為という理由なり原因がある

 

男は言い寄る時だけが春で、夫婦になってしまうともう冬だ。女は娘でいるうちは五月の花時のようだが、亭主持ちになるとたちまち空模様が変わる

 

人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう

 

逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる

 

誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと

 

雄弁が役に立たないときにも、純粋な、無邪気な沈黙が、かえって相手を説得することがある

 

今晩一晩は我慢しなさい。そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。そして、その次はもっと楽になる

 

馬鹿は自分のことを賢いと思い、賢明な人間は自分が愚か者であることを知っている

 

天国と地上の間には、世の哲学などの思い及ばぬことが多数ある

 

人生は不安定な航海だ

 

詩人と恋する人と気違いは同一人物である

 

俺は名誉なんかほしくない。名誉は葬式の紋章にすぎない

 

おお運命よ、運命よ、みなが汝を浮気者だという

 

人間の一生は善と悪とを縒り合わせた糸で編んだ綱なのだ。我々の美点は欠点によって鞭打たれる事がなければ高慢になるだろうし、我々の罪悪は美徳によって慰められる事が無ければ絶望するだろう

 

期待はあらゆる苦悩のもと

 

慈悲の心で裁きをやわらげよ

 

恋がもし盲目なら、恋の矢はいつも外れるはず

 

自分と同列の人間を恐れながら生きるのなどは真っ平だ

 

まず計画はよく行き届いた適切なものであることが第一。これが確認できたら断固として実行する。ちょっとした嫌気のために、実行の決意を投げ棄ててはならない

 

青春はとかく己に謀反したがるもの、そばに誘惑する人がいなくとも

 

己の子どもを知るは賢い父親だ

 

失敗は星々の間ではなく、我々自身の中にある

 

美しい妻を持っていることは地獄だ

 

貧乏でも満足している人間は金持ち、それとも非常な金持ちです。だが、大金持ちでも、いつ貧乏になるかとびくついている人間は、冬枯れのようなものです

 

喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす

 

自然でない行いは、自然でない混乱を生む

 

栄光は水面の輪のようなものだ。輪は広がりすぎて消えてしまうまで、どんどん大きくなり続けるからである

 

今望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢、瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない

 

狂ったこの世で狂うなら気は確かだ

 

罪悪で出世する者もいれば、美徳で落ちぶれる者もいる

 

悲しみに助言や慰めを言えるのは、自分がその悲しみを感じないからだ

 

そう、当事者以外の者にはどんな悲しみも我慢できるものだ

 

人間の生活においても、ある種の潮流がある。満潮に乗れば、幸運に導かれる。無視をすれば、人生の旅は苦しみの浅瀬に漂うだけとなる。私たちは今、そういう海に浮かんでいる。だから、その潮流に乗らなければならない。さもなければ、賭けているものをすべて失くすことになるのだ

 

天は自ら行動しない者に救いの手をさしのべない

 

止めれば止めるほど燃え立つのが恋だ。せせらぎの音も優しく滑りゆく流れも、せき止められれば気短かに騒ぎ立てる

 

善も悪もいっさい存在しない。ただ、人間の思考がそれらを作り出すのだ

 

険しい坂(丘)を登るためには、最初からゆっくり歩くことが必要である

 

雑草をはこびらせるのは風が柔らかすぎるからだ。逆賊どもが図々しくなるのは、政令が寛大すぎるからだ

 

恋人のところへ行く時は、学校の生徒が教科書を離れるときのように嬉しいが、恋人と別れるときは、重い本をさげて学校へ行く時のように悲しい

 

習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある

 

過ぎ去った不幸を嘆くのは、すぐにまた新しい不幸を招くもとだ

 

愛は万人に、信頼は少数に

 

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる

 

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ

 

味わってうまい物でも消化に不快な思いをすることがある

 

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ

 

あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい

 

偉大な人間には三種ある。生まれた時から偉大な人、努力して偉大になった人、偉大になることを強いられた人

 

過失の弁解をすると、その過失を目立たせる

 

成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはならぬ

 

Posted by