【名言】『ビル・ゲイツ』マイクロソフトの創業者の含蓄のある言葉たち

名前:ウィリアム・ヘンリー・”ビル”・ゲイツ3世
身長:178cm
誕生日:1955年10月28日

アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者。

マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長。カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長、コービス共同創業者兼CEO兼会長、bgC3共同創業者、マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長、テラパワー会長、ResearchGate共同創業者兼名誉理事長。

称号はイギリス女王より名誉騎士(名誉大英勲章ナイト・コマンダー)、立教大学及び早稲田大学より名誉博士を贈られている。シルバー・バッファロー章、アメリカ国家技術賞、メアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞、en:Jefferson Awards for Public Service、en:The Tech Awards、大統領自由勲章も贈られている。

ビル・ゲイツの名言集

ウォーレンは、もし何千年も前に生まれていたら、猛獣の餌になっているのがオチだと言う。だが彼は、株式市場があり、彼の市場に対する優れた理解が報われる時代に生まれた

 

私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無為に過ごしてはいけないんだ

 

成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね

 

グーグルでも、アップルでも、フリーソフトでも、すばらしい競争相手だし、僕らの気を引き締めてくれるよ

 

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ

 

世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している

 

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ

 

人生は公平ではない。そのことに慣れよう

 

難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね

 

ノートパソコンの素晴らしいところは、どれだけ詰め込んでも、大きくなったり、重くなったりしないことだ

 

オタクには親切に。いつか彼らの下で働くことになるでしょうから

 

なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ

 

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ

 

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである

 

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ

 

私は物事をとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから

 

同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずにすむ

 

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない

 

人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された

 

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気がなくてはならない

 

満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ

 

徹底的な話しあいは、ムダに終わることが多い

 

君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ

 

学校は勝者・敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校によっては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、正しい答えが導き出せるまで、何度でも機会をくれる。実際の人生とは全く似ても似つかない

 

経営の鉄則は、優秀な頭脳を集めること

 

人の心をつかむもの、それは「誠実」である

 

切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる

 

自他ともに認めあった頭のいい少数の人間で仕事をするとき、効果は最大になる

 

リスクを負わないのがリスク

 

成功の鍵が何かは知らないが失敗の鍵は全ての人を喜ばせようとすることだ

 

変わることがなければ成長することもない。成長することがなければ真に生きていない

 

常にそうなのだが、何か新しいことを学ぶとこの世は少し居心地が良くなりくつろぐことができる

 

一本のよい木には何万もの鳥が休むことができる

 

新年の訪れを見るために真夜中まで起きているのが楽天家。今年がちゃんと去ったか確かめるために起きているのが悲観主義者

 

未来は行動の先にある

 

力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる

 

悪い知らせは、早く知らされなければならない

 

あなたの顧客の中で、一番不満を持っている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ

 

人間にはものを考える時間が必要だ

 

少なくともニュース週刊誌を一冊は、隅から隅まで目を通すようにしている。それで興味の幅が広がるからだ。自分の興味があることだけ、たとえば科学のページやビジネスのページしか読まなかったら、その雑誌を読む前の自分と少しも変わらないことになってしまう。だから、全部に目を通すんだ

 

確かなことがひとつある。私が自分の子供たちに大金を残さないということだ。金を残すことは彼らのためにならない

 

とてつもない大波が来れば、それに乗りたくもなるさ

 

私は質疑応答の時間が好きだ。それによって、何が人々の感性に訴えるのか、人々が何に不満を持っているのかがわかるからだ

 

会社が成長するにつれ、組織内に小さな組織をどんどん増やしていった。少人数のチームはコミュニケーションも効率的だし、組織が大きすぎるためにスピードが落ちるといった障害もない

 

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ

 

私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている

 

父も母も、息子が一流大学を中退して、誰も聞いたことがない「マイクロコンピュータ(パソコン)」なんてものの会社を始めると聞いて、内心がっかりしたと思う。それでも、二人はずっと応援してくれた

 

成功は、最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思い込ませてしまう

 

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない

 

いまでもお金そのものには興味がない。仕事と莫大な富と、どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ。銀行の口座にある巨万の富よりも、何千人という才能あるチームを率いるスリルの方が断然面白いからね

 

一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない

 

おすすめ記事>>>【名言】『スティーブジョブズ』IT業界で革命を起こした男の言葉

2018年5月20日偉人, 名言

Posted by ringo