【名言】『相田みつを』命の詩人が残した言葉


相田 みつを(本名:相田 光男)
誕生日:1924年5月20日
死去日:1991年12月17日

日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。書の詩人、いのちの詩人とも称される。

相田みつをの名言集

正直者はばかをみる。だからといってうそばかりも通らない。世の中単純じゃねんだよなあ

 

人の為と書いて偽りと読むんだよなー

あのねぇ どんなに上手なべんかいをしてもね べんかいはやっぱり べんかいなんだよなぁ

 

なんでもいいんだともかく一生懸命やってみることだ いのちがけでやってみることだそうすれば 人間の不完全さがよくわかる 自分の至らなさが骨身に沁みてよくわかる 頭でなくてからだ全体でよくわかる

 

途中にいるかぎり中ぶらりん 底まで落ちて足が地に着けば 本当に落ち着く

 

めしを喰って静かに息をついていたら いつの間にか日が暮れて 気がついた時は墓場の中

 

枯れたすすきがまだ美しいのは いのちいっぱい一生けんめいに生きてきたからだ

 

因も変り
縁も変る
なにもかも
みんな変ってゆくんだね
人間関係も変ってゆく世の中
無常だから

 

気が小さくて臆病で人のこと気になって三日もねむれぬこともある

 

人生の的
ふたつあったらまようよな
ひとつならまようことがない
人生の的はひとつがいい

 

人里はなれた 谷間の白百合の花は 誰にも見てもらえないのですが 少しのかけ引きもなく 精一杯の美しさで咲いています

 

うそはいわない 人にこびない 人のかげぐちはいわぬ わたしにできぬことばかり

 

かねかねかねと金追いかけても 行きつくところは一体どこなの?

できない約束はしないことだな

 

おさいせん 百円玉一つ ぽんと投げて 手を合わす おねがいことの多いこと

 

どうでもいいものは
どうでもいいんだよ
いちばん大事なことに
一番大事ないのちをかけてゆくことだ

 

なみだで
あらわれるたびに
まなこがふかくなり
うれいがふかくなる

 

アノネ ひとのことじゃないんだよ じぶんのことだよ

 

ぐちをこぼしてゆくんだね
なみだをながしてゆくんだね
だれにも気がねはいらぬから
えんりょしなくていいんですよ
ぐちをこぼしてゆくがいい
なみだをながしてゆくがいい

 

「自分の花」 名もない草も実をつける 命いっぱいに自分の花を咲かせて

 

アレもコレもほしがるなよ

 

おだてられればいい気になるし わるくちいわれりゃ腹たつわたし

 

体験してはじめて身につくんだなぁ

 

あってもなくてもいいものは、ないほうがいいんだな

 

自分が自分になりきるということは、いま、ここの、自分のいのちを完全燃焼して生きることです

ほんとうのことがいちばんいい

 

この自我、この我執をどう運転してゆくか。それが人生ではないかと私は思っております。そして、その一生の運転手は自分です

 

むりをしないで なまけない わたしは弱い人間だから

 

一生燃焼 一生感動 一生不悟

 

自分が自分に ならないで だれが 自分になる

 

なるべくなら うそのないほう がいい

 

かんのんさまがみている
ほとけさまがみている
みんなみてみている
ちゃんとみている

 

父と母で二人
父と母の両親で四人
そのまた両親で八人
こうして数えていくとゆくと
十代前で、 二十四人 二十代前では―?
過去無量の いのちのバトンを受けついで
いま、ここに 自分の番を生きている
それがあなたのいのちです
それがわたしのいのちです

 

アノネ
親は子供を
みているつもりだけれど
子供はその親をみているんだな
親よりも きれいな
よごれない 眼でね

慾望かぎりなし 迷いかぎりなし 人間のわたし

 

どうかもうなんにも
言わないでください
どうか黙っていてください
わたしのことを
こころから考えてくれるならば

 

アノネ どんな車よりものね
構造が複雑で 運転がむずかしい車はね
じぶんという名の
この車なんだな
そして 一生の運転手は じぶん

 

迷ったときには 原点に立ち返ってみることだ 原点とは自分の本心だ 自分の本心に聞いてみるんだよ

 

あのね 自分にとって
一番大切なものは 自分のいのちなんだよ
だから すべての他人のいのちが
みんな大切なんだよ

 

ふっても てっても 日日是好日
泣いてもわらっても きょうが一番いい日
わたしの一生の中の 大事な一日だから

 

何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから

 

小さい時から(子供に)負ける練習をさせておけば、成人してから負けに強い人間になれます。失敗してもヘコたれないたくましい人間になれるはずです

 

わたしは一生迷える
凡夫のままでいい
うそかけひきのない
自分自身の
いのちを
完全燃焼して
ゆけば
それでいい

 

おてんとうさまのひかりをいっぱい吸った あったかい座ぶとんのような人

 

暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて 平らな道をのんびりと歩いてゆく── そんな調子のいい時ばかりはないんだな

 

感情の 高ぶるままに 叱りしが あの子も こころきず つきたらむ

筆を持つのはおそろしい 筆は正直で、書いた人の人間が 全部出てしまうから

 

所詮にんげんのやること おれのやること

 

いま ここにしかない わたしのいのち あなたのいのち

 

いまここで
ぶつぶつと不満や
弁解をしながら生きるか
いまここを、生き生きはつらつと
いのちいっぱいに
光りかがやいて生きるか──
それをきめるのは
いまここの自分

 

感ずるべきものに感ずる人間であって欲しい

 

背筋をのばして
肩ひじ張らず
すんなりさらさら
ゆきましょう
水のように
それがなかなかできない
わたし

 

『当たってくだけろ』
かけ声は勇ましいけれど
かけ声をかける当人は
当たりもくだけもしねんだよなあ

 

身から出た
さびとおもえば
こころしずまる
身から出た
さびとおもえど
腹がたつ
どっちもわたし

 

いまから ここから あしたはあてに ならぬから

 

長い人生にはなあ どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ ならぬ道- てものがあるんだな
そんなときはその道を 黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな 黙って歩くんだよ
ただ黙って-
涙なんか見せちゃダメだぜ!!
そしてなあ その時なんだよ
人間としての いのちの根が ふかくなるのは・・・・・

 

人間はねぇ欲望のかたまりだな

ぐちをこぼしたっていいがな
弱音を吐いたっていいがな
人間だもの
たまには涙をみせたっていいがな
生きているんだもの

 

風雪に耐えただけ土の中に根が張るんだな

 

あのねぇ 自分にエンジンをかけるのは自分自身だからね

 

しあわせはいつも じぶんのこころがきめる

 

あなたにめぐり逢えて本当によかった
一人でもいい
心からそう言ってくれる人があれば

 

そのときの出逢いが 人生を根底から変えることがある よき出逢いを

 

お前さんな
いま一体何が一番欲しい
あれもあれもじゃだめだよ
命がけで欲しいものを
ただ一つに的をしぼって言ってみな

感動いっぱい、感激いっぱいのいのちを生きたい

 

外灯というのは人のためにつけるんだよな
わたしはどれだけ外灯をつけられるだろうか

 

私がこの世に生れてきたのは 私でなければできない仕事が 何かひとつこの世にあるからなのだ

 

なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの

 

だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないくるしみが
だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないかなしみが
ただだまっているだけなんだよ
いえば ぐちになるから

 

あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。そんなあなたに私もなりたい

 

与えられた今日のいのちをイキイキはつらつと生きる。それが仏様の教えだと私は受け止めております

 

あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための

人生において 最も大切な時 それはいつでも いまです

 

どのような道を歩くとも いのちいっぱいに 生きればいいぞ

 

あとじゃできねんだよなあ いまのことは いましかできぬ

 

いいですか いくらノロいくても構いませんよ 大切なことは いつでも前を向いて 自分の道を歩くことですよ

 

水にぬれなければ およげませんよ

 

いくら多くの人に読まれても、ただ読まれるだけじゃ意味が無い。たった一人でいいから、その人のこころに深く届けば、それでいいんだよ

 

わたしは無駄にこの世に 生れてきたのではない また人間として生れてきたからには 無駄にこの世を過ごしたくはない

男が仕事をする時は 常に捨身でなければだめである 捨身とは何も欲しがらぬことである 勝ち負けを捨てることである

 

七転八倒 つまづいたり ころんだりするほうが 自然なんだな 人間だもの

 

負ける人のおかげで 勝てるんだよな

 

わたしは、人間のほんとうの幸せとは「充実感のある生き方」だと思っています

 

待ってもむだなことがある
待ってもだめなこともある
待ってむなしきことばかり
それでもわたしは じっと待つ

 

弱きもの人間。欲ふかきもの人間。偽り多きもの人間。そして人間のわたし

 

けれどけれどで何もしない ひとつひとつかたづけていくんだよ

 

あのねぇ
財産 肩書き 地位 名誉 その他
自分についている誇り高き飾り物を
みんな落としてすっぱだかになってごらん
人間としての本当の自分がわかるから

おたがいになぁ 不完全 欠点だらけの にんげんですがね

 

アノネ、がんばんなくてもいいからさ、具体的に動くことだね

 

どんなぐちでも気持ちよく聞いてくれる人 その人はあなたにとって大事な観音さまだ

 

昨日までの自分を否定し 今日の自分に生きる 今日新たに生まれ変わる

 

にんげん 一番いやなことは じぶんがじぶんにうそをいうときだ

 

琴の糸 張りすぎてもダメ たるんでもダメ ちょうどいいあんばいのときに ちょうどいいあんばいの音が出る

 

みかんには みかんの味があり
りんごには りんごの美しさがある
しあわせは いつもじぶんのこころが きめる

 

自分が自分にいやになるとき 金がほしいのにほしくないようなふりをするとき

 

わかってたまるか 人に踏まれてばかりいる 雑草のくるしみが

 

よくまわっているほどコマはしずかなんだな

 

がまんをするんだよ
がまんをするんだよ
くやしいだろうがね
そこをがまんをするんだよ
そうすれば
人のかなしみやくるしみがよくわかってくるから

 

自分の後ろ姿は 自分じゃ見えねんだなあ

アノネ かんのんさまがみていてくれるよ
なにもかもみんな承知でね
かんのんさまがみていてくれるよ
いいわけやべんかいなんかしなくてもね
かんのんさまがちゃんとみていてくれるよ

 

人間追いつめられてはじめて本音を吐く その時どんな本音を吐くかそれが大事

 

いまはなんにも いわないほうがいい 語らないほうがいい つらいだろうが 黙っているほうがいい いえばべんかいになるから

 

自身はなくてうぬぼればかり はずかしい はずかしい

 

人間はねぇ 自分よりも人のほうがよくなると おもしろくねんだなぁ 人間のわたし

 

うまれかわり死にかわり
永遠の過去のいのちを受け継いで
いま自分の番を生きている
それがあなたのいのちです
それがわたしのいのちです

 

慣れるな なれるな どんなことにも慣れるな 慣れると感動がなくなるから

 

身近な人の死に逢うたびに 私は人間の命のはかなさにガクゼンとします この世に人間として生きている尊さを骨身にしみて感じるとき 私には仕事への闘志が湧いてきます

 

道は一本
単純でまッ直ぐがいい
何かを欲しがると
欲しがったところが曲がる
道は一本まっすぐがいい

 

ボロは初めに見せておけ そうすればいつでも天下泰平だ

 

あのときのあの苦しみも あのときのあの悲しみも みんな肥料になったんだなあ

 

あれもほしい これもほしい ああなりたい こうなりたい 欲望いっぱいのこの自分 そういう自分の運転手は自分

かんのんさまは
どうして
こんなにしずかなの
かなしみにたえた人だから
どうしてこんなにやさしいの
ひとの世のくるしみに
一番泣いた方
だから

 

ともかくも 生かされてきて 命あり

 

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

 

背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分

 

澄んだ眼の底にある 深い憂いのわかる人間になろう 重い悲しみの見える眼を持とう

 

他人のものさし 自分のものさし それぞれ寸法がちがうんだな

 

その根っこは見えない その見えないところに大事な点がある

 

あたらしい門出をする者には 新しい道がひらける

 

受身が身につけば達人 まけることの尊さがわかるから

 

そのうち そのうち べんかいしながら日がくれる

 

毎日毎日の足跡が おのずから人生の答えを出す きれいな足跡には きれいな水がたまる

 

やり直しのきかない人生 待った無しの命

 

その人の前に出ると絶対にうそが言えない そういう人を持つといい

 

あなたの心がきれいだから なんでもきれいに見えるんだなあ

毎日少しずつ それがなかなかできねんだなあ

 

花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ

 

身からでたサビだなあ 身に覚えがあるよ

 

無理をしないで なまけない私は弱い人間だから

 

トマトにねぇ いくら肥料をやったってさ メロンにはならねんだなあ

 

柔道の基本は受身
受身とはころぶ練習
負ける練習
人の前で恥をさらす練習

 

あんなにしてやったのに 「のに」がつくとぐちがでる

 

しんじつだけが魂をうつ

 

ビリがいるから1位がいる

 

使ったところが強くなる 頭でもからだでも その反対 使わぬところは

 

うつくしいものを美しいと思えるあなたの心が美しい

 

これでいいということはないが これが今の私の精一杯の姿です

 

なんでもいいからさ 本気でやってごらん
本気でやればたのしいから
本気でやればつかれないから
つかれても つかれがさわやかだから

強がりなんかいうことないよ やせがまんなどすることないよ だれにえんりょがいるもんか 声をかぎりに泣くがいい ただひたすらに泣けばいい

 

かねが人生のすべてではないが有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ

 

やれなかった やらなかった どっちかな

 

悲しいときは全身で悲しみ 嬉しいときには手放しで喜ぶ そういう人間で私はありたい

 

いいことはおかげさま
わるいことは身から出たさび

 

あなたにめぐり逢えてほんとうによかった
生きていてよかった
生かされてきてよかった
あなたにめぐり逢えたから
つまづいてもいい
ころんでもいい
これから先どんなことがあってもいい
あなたにめぐり逢えたからひとりでもいい
こころから そういってくれる人があれば

 

うばい合うと足らないけれど わけ合うとあまっちゃうんだなあ

 

にんげんはねぇ
人から点数をつけられるためにこの世に生まれてきたのではないんだよ
にんげんがさき
点数があと

 

善悪 大小
かねの有る無し
社会的な地位の上下などという人間の作った
相対的な価値観を一切やめてみることです

 

かんがえてばかりいると日がくれちゃうよ

とにかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば具体的な答が出るから

 

親切と言う名のおせっかい そっとしておくおもいやり

 

夢はでっかく根はふかく

 

おすすめ記事>>>【名言】『仏陀(ブッダ)』仏の悟りを開いた人の偉大な言葉

Posted by