【悪質!パワハラ】防衛大、過半数が下級生いびり。なぜ人はいびりをするのか?いびりをする理由を紹介!

防衛大、過半数が下級生いびり 「粗相」数え、体毛に火

防衛大学校(神奈川県横須賀市)の学生だった福岡県の男性(23)が在校時に上級生らから暴行された事件を受け、防衛大が実施したいじめや学生間指導に関するアンケートの内容が判明した。当時の4年生の過半数が「粗相ポイント制」と呼ばれる激しい下級生いびりをしたことがあると回答していた。

アンケートは2014年8月、当時の在校生約1800人を対象に聞き取りなどで実施したが、結果は公表されなかった。暴行を受けた元学生が当時の上級生らと国に損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した訴訟で、弁護団が学年ごとに回答結果をまとめた文書を情報公開請求で入手した。弁護団はアンケートなどを基に、防衛大全体としていじめをする環境があったと主張する。

弁護団によると、「粗相ポイント制」は下級生が不手際をした際に加算される「ポイント」を清算するという趣旨で行われていた。体毛に火を付ける▽カップ麺をお湯なしで食べる▽風俗店に行って撮影――などを強いていたという。

回答結果をまとめた文書によると、粗相ポイント制を「やったことがある」と答えたのは、最上級生の4年生の57%。一方で「やられた」と回答したのは学年別に26~52%だった。行為への認識を聞く設問では「許されない」との回答は0~1%にとどまった。

当時の4年生の過半数が「粗相ポイント制」と呼ばれる激しい下級生いびりをしたことがあると回答していた。

「粗相ポイント制」は下級生が不手際をした際に加算される「ポイント」を清算するという趣旨で行われていた。体毛に火を付ける▽カップ麺をお湯なしで食べる▽風俗店に行って撮影――などを強いていたという。

粗相ポイント制を「やったことがある」と答えたのは、最上級生の4年生の57%。一方で「やられた」と回答したのは学年別に26~52%だった。

ネット上の反応

いかに自衛隊が危険であるか。防衛省の幹部達は暴力を振るうことに抵抗がないのだ。

 

旧日本陸軍内務班の暴力→復員日本兵が体育の教諭に就職、体罰の日常化→体育系に旧日本軍の陰湿な暴力と私刑が定着。 自衛隊は旧日本軍の体罰を継承している。とんでもない組織だ。

 

もう既に陸海空自衛隊の幹部候補生学校もあるんだし、防衛大学校4年間の幹部候補生教育、今も必要なのかね?いじめとか私的制裁、体罰、まだまだ続くだろうね。一般の大学と違い、学生がいじめを受けた、私的制裁を受けたの報告、防衛大学校と防衛省にしたとしても取り合ってくれるかどうか担保ないし

 

「旧日本軍では体罰は重罪だったけど、戦争末期には軍内の規範が乱れて体罰が横行し、終戦後その悪い所ばっかり継承した体育教師が沢山出たせいで日本は体罰容認の教育体制になったんや」って誰か言ってたの思い出した。

 

まあいじめはいつでもどこでもあるみたいですね。入学した高校でも、女子の間での話は陰湿だな。孫たちの話を聞いていれば自分に無いもんで優れている子は狙い撃ちだと。いじめを苦にせず羽にする子も又いるようです、会社と同じ組織を感じます。でも、学校は放置しないで触覚を鋭敏にしていて欲しい。

 

自分がされて嫌なことは人様にはしない。悪口・陰口・いじめ・暴力・強者の威を借りて威張る・・自分の世代でそれをされたからって下級生や新人にそれをするのは只の「負の連鎖」。そんなもの継承するのではなく自ら断ち切らねば磨くべき人間性が曇っていずれ腐る元☆

 

いじめを口止めしたら罪。 いじめに加担したら罪。 いじめを知っていて放置したら罪。 いじめの報告を受けた管理者が未対策放置隠蔽をしたら実刑。 いじめを主謀したら猶予無しの実刑。 発生時に即発見できないいじめを防止するためには、このぐらいの重罪扱いとしなければ効果がないのではないか?

 

1年、虫
2年、家畜
3年、人間
4年、神
これ常識じゃないの?

 

これが国防を担う幹部自衛官を養成する学校の実態だとすると肌寒いものを感じる。実際に帝国海軍の士官だった方の話を随分伺ったが、海軍兵学校でも上級生徒による下級生徒に対する修正はあったが、この例はレベルが低すぎる。そもそも井上校長時代は上級生徒による鉄拳が禁止されていた。

 

人がいびりをする理由

理由1、いびるのが楽しい(サディスト)

世の中には人を傷つけることが楽しいと感じる人がいます。

・他人が苦しんでいる姿を見ていると笑える。

・他人が痛がっている姿を見ていると興奮する。

・他人が泣いている姿を見ているともっと泣かしてやりたくなる。

そういうサディストが世の中にはいます。

かつていじめをしていた小学生がいました。その小学生は傷ついて泣いている人を見て笑っていました。嬉しそうに笑い、さらにいじめを繰り返していました。

ある種の人間にとって、他者をいたぶることは快楽なのです。猫がネズミをいたぶることで快楽を感じるようにそういうタイプの人は弱者をいたぶることで快楽を感じるのです。

そういう弱者をいたぶって快楽を感じるような人がいびりをするんです。

きっと防衛大学でいびりをしていた人の中にも、快楽のためにいびりをしていた人がいたはずです。

肺がん患者に「いい加減にしろ」というヤジを飛ばした穴見議員にも弱者をいたぶり快楽を感じる傾向があったのではないかと僕は思います。

参考:肺がん患者に「いい加減にしろ」、穴見議員謝罪

穴見氏は「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」と釈明したが、その言葉に説得力は感じることは僕にはできませんでした。すごく嘘臭く感じました。

この議員は日ごろから他人をいびる・いたぶるような言動をしていたのではないでしょうか?その癖があの場でも出ただけなのではないでしょうか?

僕にはそう思えてなりません。

国会議員は国民のことを考えることが仕事です。社会的弱者も国民です。当然、国会議員は社会的弱者のことも考えなければなりません。それなのに穴見氏はそれに反することをしました。

そんな議員の謝罪や釈明など信じることはできません。

いびり・いじめで快楽を感じるからあんなヤジを飛ばしたんだろうという憶測のほうが僕は信じられます。

人を傷つけることをすれば周りの人から『こいつ、サディストなんじゃないか』と思われるリスクが高まります。傷の度合いが酷くなればなるほどそのリスクが高まります。

サディストと断定されれば、人物評は著しく下がってしまいます。穴見議員のように。

だから人をいたぶる・いびる・いじめることをしないほうがいいんです。

理由2、恐怖によって支配するため

恐怖によって他人を支配する。

そんな支配体制は昔から存在しています。

『ヒットラー』『スターリン』

この2人は恐怖によって他人を支配した人の代表格と言える人物です。

最近では日大アメフト部の内田監督。彼も恐怖によってアメフト部を支配していました。アメフト部だけでなく、日大の運営組織も支配していました。

恐怖による支配体制。

自分の意に反することをしたら暴力を振るうという体制です。

暴力には、他人を支配する力があります。このことを知っているからいびり・いじめという暴力を使うのです。

いびり・いじめによる支配は、楽です。いびり・いじめは倫理観を麻痺させれば誰にでもできる行為だからです。

だから無能な支配者は安易に暴力による支配を使うんです。

内田監督も無能な支配者だったら暴力を多用したんだと思います。

暴力による支配体制が存在する組織はいびり・いじめが常態化しやすい

この体制が存在する組織はいびり・いじめが常態化しやすいです。なぜか?それは暴力が許されている環境だからです。弱い者をいたぶることを許されている環境だからです。

だからいびり・いじめが常態化しやすいんです。

恐怖による支配体制化の環境にいると、『上の人たちが暴力を振るっているのだから自分たちも暴力を振るってもいいだろう』と思ってしまう人が必ず現われます。そう思った人の中から自分より下の者に暴力を振るう人が現れます。

暴力を振るわれた下の者の中から『上の人たちが暴力を振るっているのだから自分たちも暴力を振るってもいいだろう』と思う人が現われます。その人の中から自分より下の者に暴力を振るう人が現われます。

こういう負の連鎖が暴力による支配体制が存在する環境には生じやすいんです。

こういう負の可能性があるから暴力による支配体制は良くないんです。

きっと防衛大の生徒の中には、上記のような心理状態に陥って、自分より下の者をいびってしまった人がいたはずです。今もいるはずです。

『上の人たちが暴力を振るっているのだから自分たちも暴力を振るってもいいだろう』という考え方は蔓延している環境だから下の者に暴力を振るってしまった人がいたし、今もいるのです。

暴力の連鎖をとめるには、この間違った考え方を正す必要があります。でも、それが難しい。日大を見ていればその難しさがわかると思います。

理由3、いびられないためにいびる

いびりが常態化した環境。そんな環境でいびりをしない人は、反体制だという目で見られてしまいます。

いびりが常態化した環境では、

・いびるのが常識
・いびらないのは非常識

ということだからです。

反体制のレッテルを貼られた人は、いびられたり、いじめられたりするリスクが高まります。

そういう異常な環境にいる人はそれがわかっています。だからそのリスクが生じないように周りの誰かをいびったり、いじめたりします。

自己保身のためにいびり、いじめをするのです。自分がいびり、いじめの対象にならないためんび周りの人をいびったり、いじめたりするのです。

そういう種類のいびり、いじめも存在するのです。

たとえばいじめが発生している現場では、よくこの種のいじめが発生します。

いじめられている人をいじめないと自分がいじめの対象になるリスクが生じてしまう。だからいじめる。自分がいじめられないためにいじめる。いじめなんてしたくないけどいじめる。

そういういじめがいじめが発生している現場ではよく発生するんです。

内田監督の支配体制の中にいた人の中には上記のような理由でいびりを繰り返していた人がいたはずです。つまり、自分がいびりの対象にならないために誰かをいびっていた。そういう人が内田体制の中にはいたはずです。

人を自分の身を守るためには、他人を犠牲にするという性質が眠っています。誰の中にもその性質は眠っています。その性質が目覚めたとき、よほど強い精神力と行動力がないとその性質の赴くままに行動してしまいます。

あなたは暴力が蔓延する世界で、暴力を振るわなければ暴力を振るわれるリスクのある世界で暴力を振るわずに生きていく自信はありますか?

理由4、ストレス解消にいびる

人はストレスが溜まると攻撃的になります。

それを人にぶつけて解消する人がいます。当然、いびりやいじめという行為を利用して解消する人もいます。

他人は自分のストレスを解消する道具ではありません。それなのに世の中には他人をストレス解消の道具として利用する人がたくさんいます。

ネット上で誹謗中傷を垂れ流す人の中には確実にそういう人がいます。匿名性を利用して他人を誹謗中傷してストレスを解消する。そういう人が確実にいます。

ただストレスを解消するためだけにそんな不毛なことをするのは時間と労力の無駄です。つまり、ネット上で誹謗中傷繰り返す人はその分だけ時間と労力を無駄に使っているのです。

そんな無駄は今すぐやめたほうがいいです。

理由5、優越感を感じるためにいびる

人は自分より劣った人を見ると優越感を感じます。どんな人の中にもこの性質は存在しています。

この優越感を抱くことは自然なことです。間違ったことではありません。

でも、世の中には他人を貶めて、優越感を得ようとする人がいます。

他人をいじめたり、いびったり、悪口を言ったりなどして他人を貶めて、優越感を得ようとする人がいるんです。中には社会的弱者を利用して優越感を得ようとする人もいます。

それは間違った行為です。でもその間違った行為で優越感を得ようとしている人がいるんです。

優越感を得ようとする人には、貪欲タイプと劣等感が強いタイプが存在しています。

貪欲タイプはとにかく優越感が欲しくてたまらない人。守銭奴の人がとにかくお金を欲するように貪欲タイプはとにかく優越感を欲します。こういう貪欲さを持っている人の中には間違った方法で優越感を得ようとする人が現われます。

もう1つの劣等感が強いタイプは劣等感を解消するために優越感を求めます。劣等感が強いという状態は苦痛です。その苦痛から開放されるために優越感を求めるんです。この求める気持ちが強すぎるために間違った方法で優越感を得ようとしてしまうことがあります。

貪欲タイプの人、劣等感が強いタイプの人、全員が間違った方法で優越感を得ようとするわけではありません。でも、このタイプの人が間違った方法を使ってしまうリスクが高いのは事実です。

Posted by