セルフハンディーキャップは自尊心を守るためにする行為 デメリットは物事に本気で取り組めなくなること

テスト前、「あんまり勉強できなかったんだよね」と言ったことありませんか?

本当はちゃんと勉強をした。

それなのに友達の前では「勉強をしてない」と言ってしまった。

そんな経験ありませんか?

試合前、「あんまり練習できなかったんだよね」と言ったことありませんか?

本当はちゃんと練習した。自主的に練習した。

それなのに仲間の前で「練習してない」と言ってしまった。

そんな経験ありませんでしたか?

その経験、セリフハンディーキャップかもしれませんよ。

スポンサーリンク

セルフハンディーキャップとは?

セルフ・ハンディキャッピングとは、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。エドワード・E・ジョーンズらによって提唱された。自分自身にハンディキャップを付けること、という意味である。

とウィキペディアに記載されていました。

さらにウィキペディアより引用。

自らにハンディキャップを課すことで、たとえ失敗した時でも他のせいであると言い訳ができるようにして自尊心を守る。成功した時はハンディキャップがあるのに成功したと自己の評価をより高められる予防線を張る防御的な行為である。

と記載されていました。

ウィキペディアに記載されていることを翻訳すると以下の通りです。

自分が失敗したとき、ただ失敗するのでは自尊心がすごく傷つく。周りの人に勉強したくせにその程度の点数かよと笑われているようですごく傷つく。

でも「勉強してないんだよね」とか「練習してないんだよね」と言っておくと、失敗したときに、あまり自尊心が傷つかずにすむ。周りの人に「勉強してないんだから仕方ないよね」と思ってもらえている気がしてあまり自尊心が傷つかずにすむ。

これがセルフハンディーキャップです。

自分の自尊心を守るために何かをする前に自分が失敗しても仕方ないと他人が思ってくれる理由を言う。言うことで失敗しても自尊心があまり傷つかなくなる。

これがセリフハンディーキャップです。

『今日のテスト、寝不足で自信がない。悪い点をとるかもしれない』と心の中で言う。結果、悪い点をとってしまうが、自尊心はあまり傷つかない。テスト前に寝不足で悪い点をとるかもしれないと考えていたからだ。

これもセルフハンディーキャップです。

とにかく自分には失敗する可能性があると考える。または誰かに失敗する可能性があることを話す。そして失敗する。でも、自尊心はあまり傷つかない。周りの人にも馬鹿にされない。

このような自己防衛法をセルフハンディーキャップといいます。

無意識にこの自己防衛法を使う人もいれば無意識に使う人もいます。

セルフハンディーキャップを使ってしまいやすい人

プライドの高い人

プライドの高い人はその高いプライドを守るためにセルフハンディーキャップを使ってしまう可能性が高い。

プライドがあるならセルフハンディーキャップなんて自己防衛法を使わなければいいのに、プライドを守るためにそんなセコイ自己防衛法を使ってしまう。

プライドの高い人にはこんな矛盾したことをしてしまう可能性が高い。

劣等感の強い人

劣等感の強い人は『失敗したくない、失敗して笑われたり、馬鹿にされたくない』という気持ちが人一倍強いです。

失敗すれば劣等感がさらに強くなるし、笑われたり、馬鹿にされたりすればさらに劣等感が強くなってしまうからです。

これ以上劣等感を強くしないためにセルフハンディーキャップを使ってしまう。

劣等感の強い人はその可能性が高いんです。

恥ずかしがり屋の人

恥ずかしがり屋の人は失敗して恥ずかしい思いをしないためにセルフハンディーキャップを使ってしまう可能性が高い。

セルフハンディーキャップのメリットとデメリット

メリット、失敗したときのダメージが減る

セルフハンディーキャップを使えば、失敗したときのダメージが減ります。逆に成功したときは普通に成功したときよりも自尊心を満足させることができます。

「自分はあまり勉強してない。それなのにこんな良い点をとってしまった」と、周りの人に自慢することができます。このおかげで自尊心を普通に成功したときよりも満足させることができるんです。

失敗しても、成功してもメリットがある。

だからセルフハンディーキャップは使ってしまう可能性が高いんです。

デメリット、意欲が低下してしまう

セルフハンディーキャップを使うと、失敗しても大丈夫という安心感を抱いてしまいます。

何かをやる前からこんな安心感を抱いてしまったら意欲が低下してしまいます。

何かをするたびにセルフハンディーキャップを使えば、そのたびに安心して意欲が低下してしまいます。

つまり、セルフハンディーキャップを習慣化してしまった人は本気で物事にぶつかることができなくなってしまうということです。

本気で物事にぶつかれなくなってしまえば自分の力を十分に発揮しないままに人生を終えてしまう可能性が生じます。

物事には本気でぶつかったほうがぜったいいいです。そのほうが今の自分の実力を明確に理解することができるし、反省点もたくさん見つけることができて、それを次に生かすことができます。

でも、物事に本気で取り組む姿勢の欠けたセルフハンディーキャップを続けている人は自分の実力を明確に理解できないし、反省点を見つける努力もできません。

そんな生き方は不幸です。自分の実力を知らないということは本当の自分を知らないのと同じことだと思うんです。

本当の自分を知らないなんて不幸だと思うんです。

そんな不幸な状態に陥らないためにもセルフハンディーキャップはやめるべきだと思います。

劣等感

Posted by ringo