『ナルシスト』は自分を好きになる能力が高い人だと思う ナルシストを否定するから劣等感に苛まれる!?

「ナルシスト」の語源は「ナルキッソス」という美少年

ギリシャ神話に出てくる美少年のナルキッソスは、水を飲むために泉を覗き込んだ時、水面に映った美少年に一目惚れをしてしまいます。

水面に映った美少年は、自分自身の姿です。ナルキッソスは自分の姿に一目ぼれしてしまったのです。

美少年のあまりの美しさから目を離せなくなったナルキッソス。

彼は寝食も忘れて少年の顔を見つめ続け痩せ細って死んでしまった、という説があります。

彼は美少年にキスをしようとして泉に落ちて溺れ死んだ、という説もあります。

どちらの説が正しいのかはわかりません。

いずれにしてもナルキッソスは自分の姿に一目ぼれしたために非業の死を遂げたのです。

この話がナルシストの語源だそうです。

ナルシストは自分を好きになる能力が高い人

ナルシストと呼ばれて、嬉しいと思える人は少ないと思います。

ナルシストには『自惚れが強い』とか『思い上がっている』とか『勘違いしている』とか『自己愛が肥大している』などのネガティブな意味があるからです。

だからほとんどの人はナルシストと呼ばれることに嫌悪感を感じます。

でも、僕はナルシストと呼ばれることは悪いことではないと思っています。だってナルシストは自分を好きになる能力が高い人だと思うからです。

ナルキッソスは自分の姿に一目ぼれしました。一目ぼれしたということは自分に恋したということです。つまり、自分に恋するほどに自分を好きになったということです。自分を愛したということです。死ぬほど自分を好きになって死ぬほど自分を愛したということです。

それは素晴らしいことではないかと思います。だって自分をそこまで好きになれるということはどんな孤独な状態でも生きていけるということだからです。誰の賞賛も承認もなくても劣等感を感じることも孤独を感じることもなく生きていけるということだからです。

自分を愛するということはそういうことだと思うんです。だから自分を死ぬほど愛することができるということは素晴らしいことだと思うんです。それはある意味、最強の愛だと思うんです。他人を必要としない愛だから失うことがないし、自給自足だからいつでも愛を補給できる。そんな最強の愛だと思うんです。

「そんな人生はさびしい人生だ」という人がいると思います。でもそれは他人の愛を必要とする人の意見です。他人の愛を必要としているからさびしいと感じてしまうんです。

でもナルシストは他人の愛など必要としません。自分の愛だけで生きていけます。だからさびしさを感じません。だからナルシストの愛はある意味では最強なんです。

そんな最強の愛を手に入れることが可能性を秘めたナルシストを軽蔑するのは間違っている気がします。自分のことをとことんまで好きになれる可能性を秘めたナルシストを蔑称として使うのはもったえない気がします。

日本人には劣等感が強い人が多い

日本人には劣等感が強い人が多い。それは自分の中にあるナルシスト性を有効に利用できてないからではないかと思います。

人の中には自分を大事にしたいという欲求があります。大事にしたいということは自分を不幸にしたくないという意味に変換することもできます。

自分を批判したり、自分を責めて傷つけたりすることは自分を不幸にすることです。つまり、それらの行為は自分の欲求に反する行為だということです。

もちろん、自分を批判したり、自分を非難したりして成長することも大事です。その厳しさは将来の幸せにつながる可能性を高めます。

でも、自分を批判・非難しているそのときは不幸です。自分を批判しているのですから嫌な気持ちになります。非難しているのですから辛い気持ちになります。そんな気持ちになっている状態が幸せと呼べるわけがありません。不幸と呼ぶほうが適切です。

このように自分を批判・非難している状態は原理的に不幸なんです。将来の幸せにつながるかもしれないけど、自分を批判・非難しているそのときは不幸な状態なんです。

だからあまり過剰に自分を批判・非難していると不幸感が強くなってしまうんです。

日本人には自分を過剰に批判・非難して自分の不幸感を強めてしまっている人が多いと思うんです。そのせいで劣等感が強い人が多いんだと思うんです。

自分を褒めたり、肯定したりすることを上手にできていればこんなにも世の中に劣等感の強い日本人があふれることはなかったと思うんです。

自分を褒めるよりも批判するほうが多すぎた。そのせいで劣等感に苛まれる日本人がこんなにも増えてしまったんだと思います。

『ナルシスト』という言葉を蔑称として使う日本人が多いのも自分を批判・非難する日本人が多い証拠ではないかとも思います。そんな日本人が多いせいで劣等感に苦しみ、うつ病になる人も多いのではないかとも思います。

だから僕はもっと日本人はナルシストになっていいと思うんです。

ナルシストになって、もっと自分を褒めていいと思うんです。もっと自画自賛していいと思うんです。自撮りして自分をかわいいとかかっこいいと言ってもいいと思うんです。

そうすることができればうつ病や劣等感を苦しむ人を減らすことができると思うんです。

ナルシストとは自分を好きになることが上手な人のこと。そう認識を改めれば、ナルシストも悪くないなと思うことができると思うんです。

さあ、みなさん、今からナルシスト生活を始めてみませんか?自分を好きになることができるナルシスト生活。素敵な生活だと思いませんか?

Posted by