【名言】『吉岡秀人』途上国で無償の医療活動を続ける日本医師の言葉


吉岡 秀人
誕生日:1965年8月12日

途上国で無償の医療活動を続ける日本の医師。

特定非営利活動法人ジャパンハート・最高顧問/ファウンダー。

大阪府吹田市出身。大分大学医学部卒。大学卒業後、大阪、神奈川の救急病院などで勤務の後、1995年から1997年までミャンマーで活動。 その後、岡山病院小児外科、川崎医科大学小児外科講師などを経て、2003年から再びミャンマーで医療活動を再開。

2004年、国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」を設立。ミャンマー、カンボジア、ラオス、日本で医療支援活動を行う。

無償で幼い命を救い続け、23年。2017年現在もミャンマー、カンボジア、ラオス、日本を行き来し、途上国の多くの貧しい人々に医療支援を行い続けている。 日本帰国時には、依頼を受け講演会を多数行う。2013年より小学生を対象とした「いのちの授業」の講演活動を開始。

また同団体で、「国際医療短期ボランティア」システムを確立。

日本で唯一、医療者が数日の休暇を利用し、途上国で診察・手術等の実際の医療支援を行える仕組みを実現した。現在、このシステムを活用し、ジャパンハートの海外活動地では、日本から年間のべ600人以上が医療ボランティアを行う。

オススメ記事>>>【名言】『日野原重明』生涯現役を貫き続けた偉大な医師の言葉

吉岡秀人の名言集

天は本気の人間に使命を与える。だから本気になれない人間には天職を手にするチャンスは訪れない

 

自分が決める才能のレベルこそが自分の才能そのもの

 

自分を信じることができれば人の評価などちっぽけな問題

 

世間の常識に気を許してはいけない。やがて、自分の人生を他人が決めたルールに乗っ取られてしまう

 

他人は自分の人生の責任を取ってはくれない。人生の責任を取るのは自分しかいない

 

人生のベクトルを意識する

 

自分の方向性が間違いないと思えた時に人は大きな自信を持つ。自分の考える方向性とズレを感じるようなら別のステージを目指すことに何ら躊躇することはない

 

他人はいくらいいアドバイスをくれても、そのアドバイスに責任を持ってはくれない。他人の意見に右往左往されるくらいの挑戦ならやめればいいだけ

 

一番大切なのはとにかくアウトプットする事。アウトプットを準備しながら行動して、あるいは習得していく事ですね

 

日本の教育の今一番の問題は何かと言うと、とにかくインプットばかり教えている事です

 

セミナーに出たり、何かを聞いたり、あるいは何かを学んだりする事は、貯金するような作業だと思ってもらったら良いですね。お金というのは、使った時に初めて人生が変化するでしょ?どういう風に使うかで変化するでしょ?それと同じで、セミナーに出たり、人の話を聞いたり、良い出会いを持ったり、それは貯金してる作業ですから

 

時間がエネルギーがかかれば、今から考えられないような、10年後の自分とか5年後の自分になっていますから

 

僕は恐らく、誰よりもたくさん患者を診て、誰よりも多分失敗をたくさんした人ですね

 

僕はミャンマーで、海外で手術する時に、ろくな道具は与えられていないし、日本と同じ環境ではないんですよ。だけど、この環境でやろうと決心したんです。で、やり続けて、自分のせいで人が死んでいくんです。だからもうそれは、言い訳しないと決めています。もう俺が殺したと思います

 

肉体は助かっても心は救われなかったら、何のために生きているのかわからないので、せめて心だけでも救えるような医療を、この世に実現したいと思い始めたんです

 

何をしたい、どういう風に生きる。それを照らし合わせて、努力していくしかない

 

僕は今でも悩んでいる。本当に自分はこれがしたいのかと。自問自答し続けなければ行けない。興味あることは全部やってみたら良い。だけど最後に残るのは、本当に自分のやりたいことだけ

 

今日の努力は、明日の成果にはならない。すぐには現れない。今日やったことが知肉となるにはタイムラグがある。今からやっておかないと、3年後の成果はないかもしれない。いまやっておかないと、熟成も発酵もない

 

僕は他人のためにはやっていない。自分のためにやっている。自分のためだから耐えられる

 

自分の価値は自分ではわからない。他人に言ってもらわないとわからない。人が喜んでいて初めて、自分に価値があると認識できる

 

せっかく生まれてきたのに60%の能力しか使わずに死にたくない。100%出し切りたい

 

普段からやってない人間は、チャンスが来ても動けない

 

終わりがないと覚悟すれば、高さを捨て、今を生きるようになる。すべての過去の意味は、今が決めるのだから

 

「失敗したらどうしよう」じゃなくて「やり残したらどうしよう」

 

量から生み出される質というものを意識したことがあるだろうか。やらない人間というのは精度が悪い。だから、ろくなものを選べない。量が圧倒的に少ないのだ

 

感性の声は最初の一瞬しかない。それを逃すと理性が頭を支配する

 

「明日やろう」じゃなくて「今やろう」

 

「チャンスが来たらやろう」じゃなくて「チャンスが来るためにやろう」

 

「自信がないからやめよう」じゃなくて「自信をつけるためにやろう」

 

何の職に就いているかが問題なのではなく、コミットしているかしていないかが大事なのです

 

その道に縁があって進んでいるにも関わらず手を抜いている人、いい加減に仕事をしている人に対しては「なんてもったいないのだろう」と感じますね

 

10代で抱いた夢を30歳の私が叶えてあげた。これを私は自分の人生で繰り返している、ただそれだけのことなんですね

 

25歳のあなたが抱いている希望を40歳のあなたはまた裏切るかもしれない。そうやって一生裏切り続けていくのか。まずは一度、叶えてあげよう。自分の人生を裏切らない人は、また人生にも裏切られることはありませんから

 

西洋医学において重要なのは「再現性」ですから、私ができることは皆ができなくてはならない

 

自分を追い込み努力をすることで、能力を発揮していくことができるでしょう

 

私の立場で日本のために何ができるのだろうかと自問を20年間繰り返すことで、この活動に心底打ち込み、日本の多くの若者たちをいざない、成長させ、日本社会に有益な人材をつくり続けて、ゆくゆくは自分の死後、彼らに対して自分が生前してきたことを報告できるようにしたいという気持ちでいるのです

 

隆盛を誇ったモノづくり大国日本のイメージはそのままに、プロダクト(有形)からノンプロダクト(無形)にパラダイムシフトして、ジャパン・クオリティを世界に波及させていきたい

 

今日病気の人は今助けて欲しいだけで、その人たちに10年後の発展が大切と言っても仕方がないです。だから私は、貧困層相手にずっと医療を届け続け、一人ひとりの人生に関わり続けます

 

大切なのは、人を助けたいという心や思いの価値です。ベクトルの長さ自体は、自分には本質的にあまり価値がない

 

チャンスは与えられるものではなく、受け取るものです

Posted by