【名言】『モーツァルト』唯一無二の天才音楽家が残した言葉


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
誕生日:1756年1月27日
死去日:1791年12月5日

オーストリアの音楽家

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの名言集

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけすることだ

 

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ

 

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、天才の神髄である

 

私達の財産、それは私達の頭の中にあります

 

新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす

 

金持ちは友情というものをまったく知りません。とくに生まれたときからの金持ちは

 

望みを持ちましょう。でも望みは多すぎてはいけません

 

夢を見るから、人生は輝く

 

音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない

 

ともあれ、われわれはここからまだ何かを学び取ることが出来る!

 

良く喋り、能弁であることは、偉大な技術であるが、喋るのを止める適切な時を知ることも、同様に偉大な技術である

 

旅をしない音楽家は不幸だ

 

音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない

 

音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ

 

わずかの違いを大切に

 

結婚したらいろいろ分かってきますよ。いままでは半分謎だったことが

 

もう最期の時が告げているのを感じます。・・・自分の運命は変えられません。何ごとも摂理の欲するとおりになりましょう

 

僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ

 

わたしは見事な絵画や美しい彫刻を見るように、一目でその曲を見渡すことが出来ます

 

誰のどんな褒め言葉も非難も気にすることはない。私はただ自分の感性に従うだけだ

 

みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です

 

私は生涯で一度も、独創的なメロディーを作ったことがない

 

夢を持つことです。ただし、多く持ちすぎてはいけません

 

天才を作るのは高度な知性でも想像力でもない。知性と想像力を合わせても天才はできない。愛、それこそが天才の魂である

 

(ベートーベンについて)この男に注意したまえ!彼は将来、ウィーンを騒がせるすばらしい音楽家になるだろう

 

私は人の賞賛や非難をまったく気に留めない。ただ自分の感じるままに行うんだ

 

死は(正確には)我々の人生の真の最終目標ですから、僕は数年来、この人間の真実にして最上の友と昵懇になるよう心しています。それで僕にとっては、死を思うことが少しの恐れも伴わないばかりか、深い慰めと安らぎを心にもたらすようになりました。死がまことの幸福への鍵と見極めるための幸運と機会をくださった神に感謝しています

 

(マリー・アントワネットに対して)あなたはいい人だ。大きくなったらお嫁さんにしてあげる

 

技巧を駆使していないかのように、演奏が単純で容易に見えるような繊細なテクニックが演奏者には必要だ

 

尊貴な学位も想像力も、その両方を足したものも、天才の誕生には至らない。愛、愛、愛。それこそが天才の神髄なんだ

 

オリジナルな曲を書こうなんて、これっぽっちも考えたことはない

 

(作曲のアイデアをどう得ているのか)いつ、どのようにやってくるのか、私にはわかりません

 

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけすることだ

 

人生とはこれ汚濁であり、これを洗浄する行為だ

 

おすすめ記事>>>【名言】『ベートーヴェン』楽聖が残した言葉

Posted by