【名言】『ショパン』ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた男の言葉


フレデリック・フランソワ・ショパン
誕生日:1810年3月1日
死去日:1849年10月17日

ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。

ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

ショパンの名言集

自分の耳が許す音だけが音楽である

 

毎朝、非常にゆっくりのテンポで練習し、指をしなやかにしなさい

 

私が死ぬとき、ベッリーニのアリアを弾いてくれ

 

最初の医者は、私が死にかけていると言った。2人目の医者は、私の呼吸はもう止まっていると言った。3人目の医者は、もう私が死んでいると言った

 

手首は、ピアニストにとっての弓である

 

彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、私はただ一人の人に聴かせるために弾く

 

このジョルジュ・サンドはなんという嫌な人間だろう!彼女は本当に女なのだろうか?それすら疑いたいくらいだ

 

常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから

 

成功に必要なのは完全無欠です。だから極端にまで研究し尽くされ、また評価されるのです

 

おすすめ記事>>>【名言】『モーツァルト』唯一無二の天才音楽家が残した言葉

Posted by